事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. 日本航空<9205>と日本郵船<9101>子会社、航空貨物事業の統合の協議を開始

M&Aニュース 2009年

日本航空<9205>と日本郵船<9101>子会社、航空貨物事業の統合の協議を開始

2009年8月21日

日本航空と日本郵船は、それぞれの子会社である日本航空インターナショナルと日本貨物航空が、航空貨物事業における事業再編と統合に向けた協議を開始することで合意したと発表した。2010年4月1日からの新体制による事業運営開始を目指す。

本邦国際航空貨物事業の最大手2社の貨物事業売上高を単純合算すると、20年度で約2,793億円となり、本再編と統合により「本邦唯一かつ最大の航空貨物事業専業体制」を構築することが両社の収益性を抜本的に改善し、航空貨物事業の持続的な成長と発展に資すると判断。