事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. ヤマハ<7951>、子会社ベーゼンドルファー・ジャパンから全事業を譲受け

M&Aニュース 2009年

ヤマハ<7951>、子会社ベーゼンドルファー・ジャパンから全事業を譲受け

2009年7月31日

ヤマハは、子会社であるベーゼンドルファー・ジャパンの全事業を譲受け、同社を解散することを発表した。

当該子会社はオーストリアの老舗ピアノメーカー、ベーゼンドルファー社の国内販売会社としてヤマハが本年3月に設立。ベーゼンドルファーブランドのピアノの輸入販売などのほか、顧客の調律などのメンテナンスをはじめとするサービス業務も行っていたが、経営の効率化を図るため、ヤマハが事業の全部を譲受け、同社を解散する。

ベーゼンドルファー社は1828年に設立されたコンサート用グランドピアノを始めとするピアノメーカーであり、1966年に米国ピアノメーカーであるキンボール社の所有となった後、2002年にオーストリアの銀行BAWAG P.S.K.グループに譲渡され、本年1月にヤマハが全株式を取得している。