事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. 本多通信工業<6826>、パナソニック電工<6991>および香港子会社のコネクタ事業を一部譲受け

M&Aニュース 2009年

本多通信工業<6826>、パナソニック電工<6991>および香港子会社のコネクタ事業を一部譲受け

2009年7月13日

コネクタの総合メーカーである本多通信工業<6826>は、パナソニック電工<6991>および同社子会社であるパナソニック電工(香港)有限公司が行うコネクタ事業の一部を譲り受ける。

本多通信工業とパナソニック電工は平成20年4月の資本業務提携に基づき、平成21年5月15日に本事業譲受に関し基本合意を締結。詳細は未定だった。

譲り受ける事業はコネクタ事業のうち、SOPソケット、FLGAソケット、カメラモジュール用ソケット、SDメモリーカード用ソケット(フルサイズ)、miniⅠ/0コネクタ、携帯電話用電源コネクタの6品種にかかる事業で、製造・開発活動における相乗効果と事業基盤の強化を図る。

譲受け価格は、1.95億円(棚卸資産の譲受け価格を除く)に譲受け期日前日の棚卸資産帳簿価格を加えた金額で、平成21年10月1日に譲り受けることで合意。
譲受事業の直近(平成21年3月末)の売上高は、パナソニック電工2.8億円、パナソニック電工(香港)有限公司8.9億円。