事例で知るM&A

  1. ホーム
  2. 事例で知るM&A
  3. M&Aニュース
  4. 2009年
  5. 住生活グループ<5938>傘下のトステム、新日軽を子会社化

M&Aニュース 2009年

住生活グループ<5938>傘下のトステム、新日軽を子会社化

2009年7月13日

住生活グループ<5938>と日本軽金属<5701>の両社は、住生活グループの子会社であるトステム株式会社が新日軽株式会社の全株式取得について基本合意したと発表した。取得日は平成22年4月1日又は別途合意する日で、価格や取得株式数は明らかにされていない。

取得対象子会社である新日軽は、アルミニウム建材製品の製造・販売を手がけている。現在、日本軽金属は同社株式を99.65%保有するが、残りの0.35%を有する日軽産業から本件実施日までに全株式を取得する予定。

日本軽金属と住生活グループは、住宅業界における新設住宅着工戸数の低迷や住宅長寿化への対応を背景に、アルミ建材事業における業務・資本提携に関し、(1)物流及び購買などのコスト削減活動、(2)住生活グループよる新日軽へ役員の派遣、(3)住生活グループによる新日軽株式の30%取得等を内容として、平成21年3月より協議を進めていた。

日本軽金属によると、建材メーカーとして最も経営基盤が安定している住生活グループに新日軽の経営を託すことにより、新日軽ブランドの維持、社員の雇用確保が図れるとの判断から、当初の30%から全株式の譲渡に踏み切ったという。これにより、日本軽金属は建材事業のうち住宅用およびビル用サッシ、エクステリア製品事業から撤退する。