1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2019年

M&Aニュース 2019年

日東精工<5957>、販売代理店の松浦屋を子会社化

2019年5月30日

日東精工は、同社販売代理店で持ち分法適用関連会社である松浦屋(東京都品川区。売上高23億6000万円、営業利益1億6100万円、純資産8億2400万円)を6月30日付で子会社化することを決議した。日東精工は松浦屋株式の38.9%を保有する。同社株式の13.1%を持つ株主との間で同社の子会社化と経営方針について同意を得たことから、日東精工の議決権ベースの持ち株比率が52%となり、子会社化の要件を満たす。

松浦屋は1934年創業で、57年から日東精工の販売代理店として締結部品(ファスナー)、産業用機械装置、表面処理装置を取り扱っている。今年4月、同社の従業員保有株式が無議決権化されたことにより、日東精工持分の議決権比率が29.3%から38.9%に増加。これを機に、両社の関係緊密化の方向性を検討していた。