1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2019年

M&Aニュース 2019年

ヒト・コミュニケーションズHD<4433>、インサイドセールス支援のSALES ROBOTICSを子会社化

2019年4月25日

ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスはインサイドセールス支援のシステム開発を手がけるSALES ROBOTICS(東京都中央区。売上高12億8000万円、営業利益△1億9700万円、純資産7680万円)の株式99.7%を取得し子会社化することを決議した。

SALES ROBOTICSは2004年に設立。インサイドセールス分野の営業支援システムの開発に加え、コンタクトセンターを活用した営業戦略立案から、ターゲットリストやトークスクリプト(台本)の作成、セールス代行まで総合サービスを提供している。

インサイドセールスは電話やメール、Web会議ツールなどを使い、営業先を訪問せず、顧客対応する営業手法のこと。BtoB分野を中心に顧客企業の労働生産性改善ニーズを背景に従来型の訪問営業(フィードセールス)に代わって、関心を集めつつある。

ヒト・コミュニケーションズはリアル(実店舗)とバーチャル(電子コマース)の垣根を越えたオムニチャンネル営業支援体制の構築を目指している。インサイドセールスに強みを持つSALES ROBOTICSを傘下に取り組むことで、オムニチャネル営業支援体制を一層拡充する。

取得価額は非公表。取得日は2019年4月25日。