1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2019年

M&Aニュース 2019年

FHTホールディングス<3777>、子会社のエリアエナジーが運営する5カ所の太陽光発電所をコマネチに譲渡

2019年4月9日

FHTホールディングスは子会社のエリアエナジー(東京都千代田区)が北海道、宮崎県など5カ所で運営する太陽光発電所を、情報処理業務や市場調査業務を手がけるコマネチ(東京都港区)に譲渡することを決議した。

エリアエナジーが譲渡するのは三笠市弥生町太陽光発電所(北海道三笠市、出力425キロワット)、IPP郡山市田村町太陽光発電所(福島県郡山市、499キロワット)、香取低圧15区画太陽光発電所(千葉県香取市、742キロワット)、広野発電所(福島県双葉郡、1990キロワット)、児湯発電所(宮崎県児湯郡、936キロワット)。

譲渡価額は約27億円。譲渡予定日は2019年6月28日。