1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2019年

M&Aニュース 2019年

梅の花<7604>、居酒屋「さくら水産」運営のテラケンを子会社化

2019年3月28日

梅の花は、海産物居酒屋「さくら水産」を運営するテラケン(東京都江東区。売上高52億3000万円、営業利益△2億6500万円、純資産18億3000万円)の株式58%を取得し子会社化することを決議した。

テラケンは主力事業の「海産物居酒屋さくら水産」をはじめ、大衆居酒屋「てらけん本家」、漁師の豪快さと祭りの賑わいをコンセプトとする「豊漁居酒屋わっしょい」など計39店舗を展開する。

梅の花は料理店「湯葉と豆腐の店 梅の花」「和食鍋処 すし半」の店舗展開のほか、テイクアウト事業として巻き寿司・いなり寿司販売の「古市庵」、和総菜・お弁当販売の「梅の花」を手がける。テラケンを傘下に取り込むことで、購買や物流面での協業や事業基盤の拡大につなげる。

取得価額は未確定。取得日は未定。