1. ホーム
  2. 成約事例
  3. M&Aニュース
  4. 2019年

M&Aニュース 2019年

大建工業<7905>、伊藤忠商事傘下のカナダ・米の木質系建材会社2社を子会社化

2019年2月25日

大建工業は単板製造の カナダCIPA Lumber Co.Ltd.(ブリティッシュコロンビア州。売上高156億円、純資産91億1000万円)と単板積層材(LVL)製造の米PACIFIC WOODTECH CORPORATION(PWT、ワシントン州。売上高185億円、純資産45億6000万円)の株式をそれぞれ51%取得し、子会社化することを決議した。いずれも伊藤忠商事の傘下企業。

大建工業は2018年9月に海外における素材・建材事業の強化を目的に伊藤忠商事と資本業務提携。その中で、木質素材事業の拡大を重点方針に打ち出している。

伊藤忠は1968年にCIPAを合弁で設立(現在は持ち株比率100%)。さらに1998年にCIPAが製造する単板を有効活用するPWTを設立し、LVLの製造を始めた。今回、両社の製造・開発面を強化したい伊藤忠と、海外事業拡大に向けた新商材の獲得を目指す大建工業の方針が一致した。

取得価額はCIPAが109億円、PWTが約21億円。株式取得予定日は2019年4月上旬。