トップメッセージ

  1. ホーム
  2. トップメッセージ

代表取締役 荒井邦彦

 株式会社ストライクは1997年の創業以来、日本国内の中堅・中小企業を対象としたM&A仲介業務を行っております。「人と企業の未来を想像するM&A」を推進し、ご相談者様の真の希望を叶えるために、日々寄せられる一つ一つのご依頼に対して、真摯な対応に努めております。

 当社を創業したきっかけは、私が公認会計士として監査法人在籍当時に、クライアント様が株式公開を将来に見据え大きなM&Aを行ったことによって、会社と社員の皆さまが大きく変化していくのを目の当たりにしたことです。M&Aで会社がダイナミックに様変わりしていく様子に心奪われ、M&Aの仲介業務を目的とした会社を設立いたしました。

 設立当初は、営業経験もなく試行錯誤の日々でしたが、M&Aが盛んに行われている米国に目を向けると、当時からM&Aの仲介サイトをインターネット上で運営している会社がありました。日本では当時M&Aの仲介をインターネット上で運営している会社が存在しなかったため、このような仲介サイトを作ろうと決意し、1998年、国内で初となる「M&A市場smart(Strike M&A Rapid Trading System)」をインターネット上に開設いたしました。これはインターネット上に匿名で譲渡希望会社を掲載し、買い手となる候補企業を探索するマッチングサービスです。このマッチングサービスのスタートをきっかけにM&A仲介案件の初成約にこぎつけました。創業時から採用したインターネット上でのM&Aマッチングサービスは、順調に拡大を続け、現在でも当社の強みとなっております。

 さらに、創業者の私が公認会計士ということもあり、社内の役職員には会計分野の専門性を備えた公認会計士が数多く在籍しております。顧客の信頼を獲得しやすく、専門家のネットワークを活したマッチングが出来る点も、当社の強みとなっております。

 現在の日本の中堅・中小企業の多くは経営者の高齢化が進み、後継者不在問題を抱えています。その解決策の一つとしてM&Aは認知され拡大傾向にあります。今後は事業承継型M&Aでより一層のシェア増大を図るとともに、スタートアップ企業の出口戦略(投資した資金の回収)としてのM&Aの開拓に努め、開業率の引き上げと産業の新陳代謝に貢献してまいります。

 株主・投資家の皆さまから寄せられる期待と信頼にお応えできるよう努力を続け、M&A成約件数で国内トップとなることを目標とし、さらなる事業の拡大と企業価値の向上に努めてまいります。

 より一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。