業界ニュース

業界ニュース 2017年

パートタイマー白書:アイデム

人材定着の鍵握る「上司の関わり方」

2017/11 発行

 ㈱アイデムは1,644社の企業と1,648人の労働者を対象に、「人材定着」とその鍵となる「上司の関わり方」をテーマとした調査を実施しその結果を「2017年度パートタイマー白書」として発表した。

 企業にパート・アルバイトが定着しているかを聞くと、「定着している」28.7%、「どちらかと言えば定着している」56.3%、「どちらかと言えば定着していない」13.0%、「定着していない」2.0%となり、「定着している」と「どちらかと言えば定着している」を合わせると、85.0%と8割以上の企業はパート・アルバイトが職場に「定着している」と回答している。

 指揮命令する上司にパート・アルバイトから信頼されていると思うかを聞くと、「信頼されている」13.4%、「どちらかと言えば信頼されている」76.3% 、「どちらかと言えば信頼されていない」9.1%、「信頼されていない」1.2% という結果となった。「信頼されている」と「どちらかと言えば信頼されている」を合わせると、89.7%と約9割の回答者がパート・アルバイトに「信頼されている」と回答している。

 これをパート・アルバイトとの会話頻度との関係でみると、普段会話を「パート・アルバイト全員としている」「全員ではないが多くのパート・アルバイトとしている」回答者の方が、「信頼されている」の割合が高くなっている。

 直接指揮命令する上司は、自身の言動や振る舞いで心がけていることがあるかを聞くと、「業務における指示や判断を的確に行なう」62.8%、「誰にでも分け隔てのない対応をする」61.4% が上位で拮抗している。次いで「必要なときに助言や手助けをする」51.6%、「あいさつや会話など、日頃からコミュニケーションを積極的にとる」45.0%、「相談ごとなどの話を真剣に聞く」43.7%、「約束したことを守る」43.1%、「どんなことでも誠実に対処する」41.4%の順で4割を超えていた。

 また、パート・アルバイトを褒めている方だと思うかを聞くと、「褒めている方だ」が19.2%、「どちらかと言えば褒めている方だ」が66.5%で、合わせると85.7%の回答者がパート・アルバイトを「褒めている方だ」と回答している。

Page Top