1. ホーム
  2. M&Aとは
  3. M&A成功十訓

M&A成功十訓

売り手五訓

一. 売り時を逃すな!
もったいないと思うぐらいの時が「売り時」としてちょうど良い。手放すのが惜しいと思える会社だからこそ買い手がつくのだ。

二. 最終的にはトップの決断だ!
家族や役員に意見を求めても様々な意見が出て往々にして「船頭多くして…」という結果となる。トップの決断であれば皆尊重してくれるものである。

三. 常に企業価値を意識せよ!
魅力のない会社に買い手は現れない。日頃より企業価値を意識した経営をし、相手が欲する会社にしておくことが肝要である。

四. 売却条件の優先順位を明確にせよ!
M&Aは相手がある話である以上すべての要求が通ることはない。条件に優先順位をつけ、相手に歩み寄ることも必要である。

五. 第二の人生設計を明確に描け!
売却後の豊かなセカンドライフを楽しめるのは創業経営者に与えられた特権である。衆目を気にかけずその特権を堂々と享受すべきである。

買い手五訓

一. 将来ビジョンを明確にせよ!
戦略なきM&Aは必ず失敗に終わる。買収によってどういう展望が拓けるのかしっかりイメージせよ。

二. 相手を尊重せよ!
M&Aでは特に双方の信頼関係が大切である。買い手だからといって決して売り手を見下してはならない。

三. 懐を深く持て!
些細な問題点に目を奪われ、重箱の隅をつつくような愚を冒してはならない。大所高所の判断こそが重要である。

四. 買収成立は始まりにすぎないと心得よ!
買収は企業発展の手段であって目的ではない。双方が更なる飛躍を遂げることこそが成功である。

五. M&Aにリスクはつきものだと思え!
万全のリスク回避策をもってしてもリスクをゼロにすることは不可能。リスクがあるからこそリターンがあるのだと割り切れ。