M&Aによる課題解決

  1. ホーム
  2. M&Aによる課題解決
  3. 経営課題の解決に向けたM&Aの活用

経営課題の解決に向けたM&Aの活用

M&Aが経営戦略の中核に!あらゆる経営課題の解決に直結

企業の合併と買収というと、主に大企業同士の無味乾燥なニュースとしてとらわれがちです。
しかし現在、M&Aを経営戦略の中核に位置付ける経営者が増えています。

その理由は、M&Aがさまざまな企業の経営課題の解決策になりえるからです。

たとえば、「後継者がいない」「ビジネス環境の変化に対応したい」「事業を拡大したい」といった悩みや要望に対して、M&Aは有効なソリューションを提案・実現します。

いまやすべての業界でM&Aが活性化!

これまでストライクがM&Aをサポートしてきた企業は、ビルメンテナンス、調剤薬局、ソフトウェア開発、運送業、など多岐に渡ります。

もはや無縁な企業はないと言えます。ストライクは各業種に必要なアプローチでそれぞれのM&Aを成功へ導いています。

関連リンク

業界動向 一覧
事例紹介

常に「人」を中心に、経営者の想いを大切に、それが現代的M&A

長い間育ててきた企業や事業を手放すのは、たやすいことではありません。特に、お客さまに不利益なことはないか、一緒に働いてきた従業員の方々の雇用や待遇が守られるか、といった不安は経営者ならではのものだと思います。

M&Aは企業の合併・買収ですが、真ん中にいるのはまぎれもなく人です。ストライクは、そんな経営者の想いを大切に受け止めながら、安心と笑顔、そして新たな活力を生み出すM&Aを推進します。

新たなる挑戦へ、ハッピーリタイアも、M&Aが開く新たなステージ

若い起業家や40代、50代の中堅世代の経営者もM&Aを選択しています。
自ら立ち上げた事業を進めるうちに、別の分野に興味を持ち、M&Aで得た資金で新たな挑戦をする。
~欧米のエネルギッシュな起業家に多く見られた例ですが、日本でもその動きは顕著になっています。
また、会社を売却して得た資金で悠々自適な海外移住を実現する経営者も増えています。M&Aは、このような人生の新たなステージの扉も開いています。

M&Aの実務を知り、可能性にふれてみましょう。

最適な売り時を逃さないためにも、M&Aを成功させるには早くから準備をしておくことがなにより重要です。

まずはM&Aについて一緒に学んでみませんか。

敵対的買収、買収防衛策、TOB、MBOといった専門用語を頻繁に耳にするようになり、M&Aの認知度や注目度も高まりましたが、正しく理解されている方はあまり見られません。

ぜひ以下のページからその可能性にふれてみてください。